ベーシックインカムのある社会

アクセスカウンタ

zoom RSS 減価式電子マネー(1) 社会全体に貸したローン

<<   作成日時 : 2011/11/20 20:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

 減価式電子マネーを創設し、ベーシック・インカムの財源とすることを提案しています。
 その概要を何回かに分けて説明していきます。

 新しい銀行を作ります。『生活信用銀行』とでも名付けます。この『生活信用銀行』に、すべての人に電子マネーの口座を持ってもらいます。そして、それぞれの個人口座に、『生活信用銀行』から無利子の銀行ローンとして、毎月ベーシック・インカムが振り込まれます。

 ローンだって? なんだ、それじゃ、無理矢理借金を作らされるということか? 
 そうじゃないんです。この、返済の仕方が、ちょっと変わっているのです。黙っていても自分の口座にあるお金が毎週1%、自動的に返済されます。

 強制的に自動的にです。

 強制的、自動的に、自分の口座にあるお金の1%が毎週返済されてしまいます。

 なんだ、ますます得にならないじゃないか、と思うかもしれません。ところがここにちょっとした仕掛けがあるのです。「自分の口座にある」お金の1%なのです。借りた額の1%ではありません。

 ということは....、

 使ってしまった分については返済しなくていいのです。

 いいですねえ。使い得なのです。
 使ったお金は、返済しなくていいのです。


 では、その使ったほうのお金はどうなるのかというと、お金を受け取る側にも、この銀行の電子マネー口座を持ってもらい、その口座に振り込まれるのです。そうすると、振り込まれたほうの口座から、こんどは毎週1%が自動的に返済されます。

 つまり、このローンは、借りた人が返済するのではなく、そのお金の時々の所持者が返済するのです。
 買い物のときは、今の電子マネーみたいにカードを持って、ぴっぴっと買い物をして、裏でコンピュータが生活信用銀行の口座間の決済を行います。

 返済義務は、お金について回るのです。お金そのものが目減りしていくのと同じです。それで、これは減価マネーなのです。減価マネーのことは、どこかしらで聞いたことがあるかもしれません。その一つなのです。

 言い換えると、このローンは「個人に貸した」とは考えていません。お金が流通している社会全体に貸した、と考えているのです。ですから、たいへん公共的なものです。このお金によって生活する人が豊かになり、買い物をしてもらった生産者も潤います、だからこのお金を手にすることになった人みんなで少しずつ負担してください、という仕組みなのです。

 この減価式電子マネーは、少ない資金で、実質的にお金を作ってしまうことができます。だから、たとえ政府が破産に瀕しているときでも、減価式電子マネーを使えばベーシック・インカムを出せます。

 そのことを、次回に説明します。

人気ブログランキングへ ブログランキングに参加しています

 実は、減価式電子マネーにはバージョン1があります。それは、積み立て式国債を電子化したものをそのまま通貨として流通させようというものでした。
  「ベーシックインカムのある社会」第2部
 これは非常にわかりにくいものでした。
 賛否の渦に巻き込まれることを覚悟していたのですが...、賛同もいただかなければ、批判もされませんでした。知り合いに感想を尋ねたら、「ううん...、わからなかった。」 

 そこでもっと、わかりやすくて実行しやすいバージョンを作りました。それがこの銀行ローンバージョンです。
 これですと、新たな通貨を作り出すのではなく、円(¥)のままで、実質的な減価マネーを作り出しています。
目減りする銀行口座という形をとるのです。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ベーシックインカム電子マネー財源論
ベーシックインカム・実現を探る会:講演録 - 古山明男さん講演録「ベーシック・インカムのある社会」第2部http://bijp.net/transcript/article/98上記は、詳細に検討された電子マネー案でした ... ...続きを見る
ベーシックインカムメールニュース編集長の...
2011/11/26 20:33
財源をどうする
 現在の欧州経済危機が、不良債権の誘爆を次々に起こして、世界的恐慌に突入してしまう可能性は高いと思われます。今回の危機をを押さえ込んだとしても、10年はもたないと予測しています。 ...続きを見る
ベーシックインカムのある社会
2011/12/12 19:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
減価式電子マネー(1) 社会全体に貸したローン ベーシックインカムのある社会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる