ベーシックインカムのある社会

アクセスカウンタ

zoom RSS 合理化の果実はどこにある

<<   作成日時 : 2011/12/18 13:54   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 この10〜20年で、近所にあった小さなスーパーがほとんど消えました。もとは八百屋さんだとか、酒屋さんだとか、わりと流行っていた店が手を広げて、スーパーになっていたのです。
 そういう店がほとんど消えてしまって、今ではかわりに、西友とかマルエツとかいう大きなスーパーのチェーン店があります。

 こういう大きなスーパーのほうが、安くて、品揃えが豊富です。私も買い物に行きます。小さなスーパーが潰れていったのも当然だと思います。

 大規模化、合理化によって、より少ない人が働けば、同じサービスができるようになりました。

 でも、全体としての雇用はどうなっているでしょうか。
 大きなスーパーのほうが合理化されています。小さい店がたくさんあるより、従業員は少なくて済むし、人件費総体は安くてすみます。

 ですから、全体としてはけっきょく、非正規雇用が増えたり、失業が増えたりしているはずです。

 これは、合理化の持つ宿命だと思います。

 より少ない人が働けば、それで済むようになる。それは、いいことのはずですね。
 ところが、それは失業者を増やすということになってしまう。
 これは困ります。

 せっかく、少ない人が働けばそれでよくなったのです。なぜ、それを人間の自由のほうに振り向けることができないのでしょうか。
 「生活費は労賃からしか得られない」、ここなんです。ここを疑わないと、合理化の果実を手に入れることができません。

 ベーシック・インカムがあれば、合理化の果実を、手に入れることができます。

 技術の進歩や合理化で労働力が余ったら、それを”失業者”にしてはいけない。誰もが生活できるようにすればいいんです。労働力は、家庭生活の充実に振り向けてもいい、社会活動でもいい。
 失業者が、生活してくれるだけで、企業も、商店も売り上げが増えて食っていけるようになります。

 みんなが食べていけることで、みんなが潤います。みんなからの税収でベーシック・インカムの財源をまかなえばいいんです。増税が難しいなら、減価式電子マネーの発行という方法もあります。

 お金は、循環するように、循環するようにと考える。そうすると、経済はうまくいきます。

人気ブログランキングへ ブログランキングに参加しています





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
合理化の果実はどこにある ベーシックインカムのある社会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる