アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「資本のお金と交換のお金」のブログ記事

みんなの「資本のお金と交換のお金」ブログ


資本のお金と交換のお金 過剰と過小

2011/09/28 11:10
 お金に資本のお金と交換のお金があることを言いました。どちらも同じ円(¥)やドル($)なのですが、使われる時に何を見返りに求めているかが違うのです。

 資本のお金は、使われても姿を変えるだけです。帳簿の上にはずっと残っています。株式を発行して資金を集め、それを設備や運転資金に使っても、資本金がいくらであるかはずっと帳簿に残っています。株式、貸出・借入金、公社債などがこれに相当します。
 交換のお金は、モノやサービスと交換します。使ったら、自分のところには残りません。かわりに、食料や衣料品などが手元に残ります。

 資本のお金と交換のお金が、それぞれ世の中に多すぎるときと、少なすぎるときを表にしました。

            過剰      過少

  資本のお金   バブル     生産減退

  交換のお金   インフレ    デフレ

 資本のお金は、主に銀行貸し出しが行われるときに生まれます。交換のお金は主に賃金が支払われるときに生まれます。

 90年代以降、日本でも欧米でも、経済危機を招いているのは、バブルが原因です。資本のお金の過剰なのです。

 資本のお金が余ったとき、資本のお金は消費するわけにはいかないお金ですから、運用を考えます。モノを買いあさっても、保管が大変だし、換金するのに苦労します。そこで、換金しやすく保管にこまらない、債券、株式、証券化された商品などに資金が集まってきます。それで、債券、株式、商品相場が値上がりします。それは、実態を伴わず、お金あまりだけが原因のバブルです。

 いっぽう、資本のお金がいくらダブついていても、生活資金と実質投資が増えなければ物資の値段は上がりません。それで、インフレにはならないのです。とくに2000年代は、中国と東欧が生産工場として世界経済に参入してきましたので、ずっと供給過剰気味で、モノの値段が抑えられていました。

 低金利=お金の供給過剰=物価上昇という図式があり、多くの人が信じています。しかし、政府・中央銀行が金利を下げてお金の供給を増やすと、バブルは起こるがインフレは起こらない。それが、成熟した経済の国々で起こっていることです。
 現在、金利操作は、バブルを生じさせたりはじけさせたりするのにだけ効果を上げています。お金は偏在していて、資本のお金だけが増えているのです。

 バブルとデフレが共存する、ということは起こり得ます。日本の現在はそんな状況です。不動産バブルははじけましたが、株式はバブル前の水準よりまだ高いですし、国債をはじめとした債券の低金利は、債券バブルが起こっていることを示しています。
 これはつまり、お金が偏在していて、資本のお金は多すぎてバブルを起こしているけれど、交換のお金は少なすぎてデフレを起こしているのです。

 交換のお金とのバランスが悪いと、資本のお金も価値を保てません。モノやサービスを買ってくれる人たちがいるから、投資したお金は回収でき、利益も上げられるのです。投資して回収される見込みがないなら、むなしく債券や株にお金が集まって、バブルを起こすのです。


人気ブログランキングへ ブログランキングに参加しています



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0


資本のお金と交換のお金 比率

2011/09/23 00:46
 4月に、お金には「資本のお金と交換のお金」があり、今の日本で資本のお金はたくさんあるが、交換のお金が不足しているのだ、ということを述べました。それを数字にしてみます。

 交換のお金はGDPを考えます。GDPは、実際にモノやサービスとの交換に使われたお金の総額です。すべての人の支出の合計なのです。
 資本のお金は、金融資産全体を考えます。

 金融資産というのは、一口で言えば人々が持っているお金の総額です。ただし、現代では「お金」といっても現金とは限りません。現金だけでなく預金も「お金」です。預金のままで、支払いができます。
 貸したお金も、自分のお金の一部です。社債や国債などの債券類も預金みたいなものです。株式も、値段の変動はありますが、いつでも換金できる預金みたいなものです。保険や年金の積立金も、いつか返ってきますから、預金のようなものです。これらすべてをまとめて金融資産と呼んでいます。

(兆円) GDP   金融資産  GDP/金融資産
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 1970   73     296      0.247
 1980   243    1501     0.161
 1990   443    4456     0.099
 2000   503    5635     0.089
 2009   471    5508     0.086

 70年には、金融資産に対するGDPの比率は高かったのでしたが、どんどん下がっています。この様子を、グラフにしてみました。1970年に約0.25だった比率は、70年代と80年代にどんどん低下します。70年にはGDPを稼ぎ出すのに、GDPの4倍くらいの金融資産があれば足りていました。
画像


(国民経済計算年報 平成22年 より)

 この間、GDPも増え続けていましたから、この比率低下は、金融資産の伸びがGDPの伸びよりはるかに大きかったことを示しています。
 この時期は、高度成長が終わって安定成長期になりました。利益率の高い投資が減りました。また、値上がり益を目的として不動産と株式に対する投資が多くなります。不動産と株式に対する貸し出しが増えて、お金の総量はどんどん増えたのですが、経済活動そのものはそれほど増えていなかったのです。

 1990年、バブル崩壊によって、この比率低下は終わりました。不動産と株式を買うための銀行貸し出しが増えなくなりました。そのためお金の総量が増えるということがなくなりました。しかし、比率は元には戻りません。資産の価値を保つため、低金利政策で、お金の総量が減らないようにしているのです。

 現在のお金のかなりの部分は、経済活動による収入とはあまり結びつかずに、貸し出しや不動産や株や債券になっています。しかし、生産活動を維持するのに、こんなに金融資産は必要ありません。貸し借りが水ぶくれしているのです。たとえば、税収の20年分も発行された国債は、水ぶくれ状態です。
 現代のお金は、貸し借りの関係を元にしています。貸し借りの、貸しのほうをお金と考えているのです。お金が価値を持つかどうかは、借りのほう、つまり貸し出しや債券に、資産や収入の裏付けがあるかどうかなのです。

 銀行貸し出しによってお金が増えるシステムでは、金利をいくら下げても、資本のお金しか増えません。不況下では、生産活動や収入の増加に結びつかないのです。交換のお金、つまり生活のためのお金は、増えないままです。

人気ブログランキングへ ブログランキングに参加しています




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


資本のお金と交換のお金

2011/04/11 11:49
 お金は、その働きから見て、「資本のお金」と「交換のお金」に分けることができます。もちろん同じ¥(円)なのですが、働きが違います。

 交換のお金は、ふだん私たちが買い物をするときのお金です。モノやサービスと交換します。回収することを考えていません。使えば、他人にわたります。

 資本のお金は、貸したお金と理解すればいいです。100万円を借りた人が70万円の商品を仕入れ、30万円を経費に使っても、基の100万円は同じです。その売り上げが80万円しかなくても、貸したお金は100万円のままです。
 元手の100万円は形が変わります。しかし、貸した側の100万円が消えるわけではありません。
 資本のお金は、いろいろと形を変えますが、元の帳簿にきちんと残っています。

 バランスシート(貸借対照表)のことを理解できるなら、バランスシートの右側(資本・負債)のことです。

 現在の日本で、資本のお金は銀行がいくらでも作り出してくれます。
 ところが、交換のお金、つまり生活費のほうが不足気味なのです。買ってくれる人がいないと、生産も尻すぼみになっていきます。
 生活費のほとんどは賃金として生まれますが、それは、生産活動のおこぼれとしてしか回ってきません。それで、「資本のお金」と「交換のお金」とのバランスが悪くなってしまうのです。 

 大不況が来るときは、貧富の差が大きくなって、お金のある人たちはマネーゲームに熱中しています。お金のある人々が、資本のお金として殖やそう殖やそうとしているけれど、賃金はできるだけ抑えようとします。

 そこで、ベーシックインカムを出してバランスを取ろうという考えが出てきます。
 いくら利子を下げても、銀行貸し出しを緩めても、交換のお金が増えないと、生活は向上しないのです。

 金持ちの振る舞いが問題というとマルキストみたいですが、私はマルキストではありません。実際の経済がどのように動いているのか、それだけに基こうと思っています。

人気ブログランキングへ ブログランキングに参加しています
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「資本のお金と交換のお金」ブログ

ベーシックインカムのある社会 資本のお金と交換のお金のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる