できては潰れるコンビニ、飲食店、美容室

 けさ散歩していたら、近所でまた消えた店がありました。しゃれたヘヤーサロンのお店。できたのは、5年前かな、7年前かな。
 小ぎれいな店でした。希望をもって始めただろうに、かわいそうになあ。店を閉めるからには、かなりの借財も抱えているだろう。

 この10~20年くらい、たくさんの店が出来ては消えるんです。とくに、コンビニ、飲食店、美容室。
 またか、またか。
 いま、都市部で新規開業して客を集めるには、かなり資本を投下した綺麗な店舗でないといけない。銀行借り入れもそうとうにあるだろう。

 それだけ資本投下された店があまり流行らないまま閉まるのだから、銀行は、不良債権を増やしているはずですね。でも、「回収可能」としておけば、貸し倒れたことにならない。
 あるいは、担保をちゃんと差し押さえたかな。それなら当面、銀行の損はないです。けれど、店をやっていた人は貧困者になりました。格差社会が進んだ。銀行は担保を売らなければならないから、不動産価格はまた下がるでしょう。

 美容室の椅子や器具、みんな廃棄するのでしょう。もったいないね。でも、中古品に使い道はないでしょう。
 廃棄の工事はかならずあります。廃棄業者もいるでしょう。その経費はGDPに計上される。
 つぎつぎとできる設備投資は、もちろんGDPに計上される。

 次から次へと潰れるのに、次から次へとできる。低金利だものね。開設資金は銀行が提供してくれる。
 GDPはちゃんと計上される。

 でも、その裏で銀行の不良債権が増えていく。
 政府は、景気をもたせようと、大きな予算を組む。その裏で国債残高が増えていく。

 でも、次から次へとできて、次から次へと潰れるだけ。

 これじゃあ、先がないなあ。
 とにかく、人が無駄働きしているもの。

 いま、金利を下げて資本のお金をいくら提供しても、こうなってしまいます。

 ね、だからね、発想を根本的に変えて、生活のためのお金をまず増やしてしまうことを考えたほうがいいんです。

人気ブログランキングへ ブログランキングに参加しています


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 2013

    Excerpt: できては潰れるコンビニ、飲食店、美容室 ベーシックインカムのある社会/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-09 16:19